女性抜け毛と病気の関係

女性抜け毛と病気の関係

女性抜け毛と病気の関係

抜け毛が気になり病院へ行くと、女性の抜け毛の背後には病気が見つかることがあります。


 女性の抜け毛は頭皮の病気である場合が多いそうです。出産後や更年期障害によるホルモンバランスの変化が原因となっている場合もありますが、髪の毛が全体的に抜け薄くなる場合「びまん性脱毛症」という病気であることが多いとのことです。


 シャンプーやトリートメント、パーマ液などのヘアケアによって、接触皮膚炎を起こしているような場合には、シャンプーをアミノ酸系のものに変えたり、パーマやカラーを控えることで抜け毛を防ぐことができます。


 また、頭皮の脂が活発に分泌されるとフケが増加し、毛穴が防がれてしまい細菌が繁殖し炎症を起こす場合もあります。フケが多く出る、痒みがひどいなどの症状を感じた場合には皮膚科にかかり、治療を受けることが必要です。


 加齢や女性ホルモンのバランスが崩れて抜け毛がひどくなっているような場合には、生活習慣を見直し、食生活や睡眠不足、喫煙など悪影響と思われる要因を排除していくことが必要です。


 私の母も抜け毛がひどいと、シャンプーを変えています。50代の頃から、痒みがひどくフケが出ると言っていたのですが、加齢と共に頭皮の脂の量も減ってきたり結構が悪くなったりするのでしょうね。母は自己流で抜け毛対策をしていますし、私は抜けても気にしない・・・とほかってあるのですが、抜け毛の裏に病気があるかも?ということであれば、一度病院にかかるべきなのかもしれません。今のところ、ほかの症状は無いのですが、痒みを感じたりしたら、皮膚科へ行ってみようと思います。








Site Contents

Sub Menu


Copyright (C) 2008 髪の悩み All Rights Reserved.
Powered by HTML Templates k2-s.com